抱え込まない

心の病気としてうつ病があるわけですが、それになる人が特別だということはなく誰にでも起こりうるのです。 それでもまだ特殊な考えが残っている傾向にあり、うつ病であることを隠したり何かいけない病気かのようにとらえたりしている部分は消えていないです。 それはどういうことかと言いますと、うつ病が心の病気として弱い人が陥るものであると解釈されているのです。 ですが実際にはそんな憶測はおかしいとされ、真面目できちんとなんでもやり遂げてしまう頑張り屋の人に起こりやすいのです。 真面目な人はまっすぐなところがありますから、寄り道をしてみたり少しは休んだりということができないのです。 いつも休んでいたばかりでは困りますが、人には時々必要な事なのであります。

うつ病に見舞われましたらどのように対処して行くかが問題ですが、本人は精神的に大変つらい状態にあるわけでその人を取り巻く、周りの人たちの気遣いというものも問われてくることになります。 本人を甘やかす必要はないのですがそっと話を聞いてあげるのは、その人の気持ちをなごましてくれることとなるのです。 その際に気をつけておきたいのはうつ病の人を励ましすぎないことがあり、それによって逆効果となる場合があるからです。 うつ病の人への接し方は、その人にとってちょうど良い距離感をつくっていくことが大切となってきます。 その際本人に治療をする気がなくても、周りにいる人が一緒になって治療に取り組んでいこうということを本人に伝えてみるとその人も治療を始める気になるのです。 うつ病は治療をすることで治る病気ですから、家族はそのことを理解して病気と闘っていくことが大事です。