あなたの心、見つけよう

人それぞれの時間

投薬をしながら、睡眠をしっかりとることは非常に大切なことです。うつ病の治療はどのくらいの期間かかるのか分かりません。うつ病と診断を受けた場合は、休養することで回復へと繋げていくことが出来ます。

理解を得よう

うつ病になってしまった場合は、周囲の方に自分の症状を理解してもらうことが大切です。そうすることで、しっかりとサポートを受けることが出来るでしょう。主治医と周囲の理解があるからこそ、向き合えます。

手当金をもらおう

傷病手当金を受給することで、休んでいた分の60パーセントほどを支給して貰える可能性があります。うつ病になってしまうと仕事へ行くことが出来ない場合もある為、制度を利用することは大切です。

抱え込まない

真面目な方はうつ病になる可能性もある為、あまり考えすぎずリラックスをしてみると良いでしょう。そして、悩みや不安などを周囲の方に話すことで、楽になることがあります。周囲をたまには頼るようにしましょう。

向き合う大切さ

うつ病は再発する可能性がある為、中途半端に治療をするのではなく完治させることが大事です。自分を責めてもうつ病を完治させることは出来ません。理解をしてゆっくりと治療を進めていかなければならないでしょう。

詳細はこちら

ストレスの解消

うつの診断基準について気なる方はこちらのサイトへ。簡単に項目をチェックするだけで病気の可能性がみえてきますよ。

 ひとはストレスを感じるとストレスホルモンが脳内に分泌されます。通常、それはリラックスすることにより消えていくものなのですが常にストレスを感じているとそれが消えることなく脳内に存在するようになり差さまざまな弊害を引き起こします。  リラックスするときに出る、セロトニンややる気を出すためのノルアドレナリンが不足し、常に不安を感じ気分が落ち込み今まで楽しくできていたようなこともできなくなります。  最後には脳の神経細胞もストレス物質により阻害され、正常な思考能力も奪われてしまうことになります。  脳のダメージが少ないうちに早期に治療を開始することがうつ病治療の大きな一歩になります。  おかしいなと思ったらためらわずに心療内科や精神科を受診しましょう。

 うつ病治療はまず診療代、投薬代のみでも年間84000円、それにカウンセリングなどを加えると10万円を超えてしまうことも珍しくありません。しかも、うつ病治療は長期にわたって続けられるケースが多いです。でも治療費の負担に耐えかねて途中で服薬をやめてしまうことは決しておすすめできません。  服薬は一定の決められた期間を飲み続けることで初めて効果がでるものなので途中でやめると、再発や悪化し、うつ病完治までにお金も時間もかかってしまうことがありえるからです。  各市町村に精神病通院に対し9割までの公的負担をしてくれる制度があります。医師の診断書のみで申請することができますのでぜひ活用を検討してみてください。プライバシーの観点から利用しても職場にしられることもありません。

年々うつ病患者の数は増えています。 今では珍しいものではなく、現代病のひとつになっています。 うつ病患者をサポートする制度も充実してきました。 治療費の負担を軽くするために医療費の負担を軽くする制度があります。その一つとして精神障者自立支援法です。 精神障害者という言葉に抵抗を受ける方もいるかもしれませんが、精神科で治療を受けている人が安心して治療を受け入れるための制度です。 市役所の福祉課に申請することで制度を受けることができます。健康保険に加入している人が対象になるのですが、治療費が3割負担から1割負担になります。 生活保護を受けている場合は無料になります。 診断書が必要なためかかりつけの医師に相談してみてください。

また、医療費以外の負担もあります。 職につくことが難しい場合は、長期休暇をとり治療に専念する場合があります。患者が一家を支える大黒柱の場合、家族に生活面での負担も増えます。 精神障害者保健福祉手帳の交付があります。 これは各市町村によって受けられるサービスが異なります。 所得税、住民税が控除されたり、保育所に優先的に入所できたりします。 うつ病だけではこの手帳をもつ許可がおりません。 うつ病に伴い統合失調症などの症状がある場合はこのサービスを受けることができます。 かかりつけ医師の診断によるので、相談してみるのがいいかもしれません。 家族に負担がかかっているかもしれないという気持ちから治療に専念できないからです。 このサービスを受けることによってより治療に専念できます。